中小企業新聞は、中小企業の経営者のための情報サイトです。新規設立からM&Aまで、会計、税務、法務、労務に関する諸問題を各士業の協力により解決へと導きます。

[中小企業新聞]ホーム > 会社設立

会社設立

あなたがこれから会社を設立するにあたって、まず何が必要となるのでしょうか?

書類も役所も一般には馴染みが薄いものですので、多くの方は未経験のことと思われます。
ここでは設立のための手順を紹介し、わかりやすく解説しました。

あなたの大志の実現のために、どうぞご活用下さい。

設立関係概観図

設立関係概観図

設立手続

会社設立には、会社設立時に発行する株式の全てを発起人(会社の設立を企画し、定款に署名する人)が引き受ける「発起人設立」と、会社設立時に発行する株式の一部を発起人が引き受け、残りの株式は他の株主となる人を募集する「募集設立」があります。 会社設立までの流れ ここでは、発起人設立の場合を紹介します。 会社設立までの流れ (1).会社の商号、事業目的、本店、機関構成等を決める (2...

会社設立 : 設立手続 はこちら

設立後の届け出

晴れて会社を設立した後にも、様々な届出書の提出が必要となります。 届出で赴く必要のある諸官庁は、 税務署 都税事務所、県税事務所、市役所等 労働基準監督署 ハローワーク 社会保険事務所 その他 提出する必要のある届出書は、 税務関係 労働保険関係(労災保険・雇用保険) 社会保険関係(健康保険・年金) と...

会社設立 : 設立後の届け出 はこちら

設立手続の代行サービス

会社設立のための手続 「会社設立手続」のページでも触れたように、会社設立を自分で行うとなると、不慣れな人にとっては非常に手間がかかります。しかも、自分で登記するよりも行政書士や司法書士に依頼した方が安い可能性もあります。 種明かしをすると、電子定款認証を行うと公証人役場に支払う印紙税4万円が無料となり、その差額を手続き代行の報酬にあてるというもの。報酬額は各サービスによって差があります。参考のため...

会社設立 : 設立手続の代行サービス はこちら

To top